グループホーム きらめき本城

グループホームとは?

認知症の方の共同生活の場であるグループホームでは、こじんまりとした家庭的な雰囲気で専門の介護スタッフとともに生活しています。

常に家族のように寄り添い、ともに暮らしながら、人としての尊厳と生きる力を再び取り戻し、心穏やかな日々をお過ごしいただく「もう一つの我が家」です。



グループホームきらめきでは

日常そのものがリハビリテーション

食事の支度や掃除、洗濯などごく普通の家庭生活を、ご入居者お一人お一人の意思と能力に応じて無理のない範囲でスタッフとともに共同で行います。


 
少人数制によるきめ細かなケア

認知症や介護についての専門的な知識と技術を持つスタッフが綿密なコミュニケーションをとりながら、生活リズムや特徴、趣味、人生の背景などをしっかり把握。ご入居者の心身状態に応じて適切な支援を行います。


 
24時間体制のお世話と健康管理

入浴や散髪など生活に必要なサービスはもちろん、季節や気候に応じたレクリエーションの機会も多く設けています。協力医療機関と連携し、健康・服薬管理や緊急時対応も安心です。


 
ふれあいと交流のある暮らし

ご入居の皆様も、様々な年齢のスタッフも皆きらめき家族の一員です。お互いに深い信頼関係を築き、親身になって支え合う毎日を心がけています。


 
家族様との信頼関係

きらめきではご家族様が抱える介護上の悩みを共有します。共に支え合っていける関係性を継続します。


 
食事が手作り

地元で採れた旬の食材を使用して、毎食スタッフが食事作りを行っております。


 
施設環境

折尾、黒崎、若松、方面へのアクセスが容易な立地です。入居者様にとっても顔なじみのスタッフがいつもいることで環境が変わらず安心して生活を送っていただけます。