お里の家 きらめき本城

お里の家ってどんなところ?

認知症専門のデイサービスです。

認知症を発症された後も長く住み慣れた自宅や大切なご家族との生活を1日でも長く続けたい!

認知症や精神疾患による症状での過ごしにくさを改善したい!

そのような方やそのご家族様が望まれる生活に近づけるようにお手伝いさせていただいています。

他の通所介護(デイサービス)と何が違うの?

認知症と診断された方のみがご利用対象となります。

スタッフの配置基準が厚く、認知症の症状により他者との関わりが困難など個別対応が必要な方にも、きめ細かいサービスが提供できます。

また1ユニットの定員12名と少人数のため、症状による個別対応が可能です。

お里の家きらめき本城の特徴

● 価値観、人間力向上研修の実施

BPSD(行動・心理症状)が悪化した方など他のデイサービスでの利用が困難になった方もご利用いただけるように認知症に対する専門的知識はもちろん価値観や人間力向上に対する研修を実施し、対応が困難と言われる方の尊厳を大切にしながら笑顔になる関係を深めています。

● 管理者、生活相談員はコーチングやメンタル心理カウンセラーの資格を習得

ご本人様はもちろん、ご家族様の認知症介護での不安はもちろん、愚痴や不満も傾聴し、介護負担の軽減になるようサポートしています。

● 関係各所への毎月の利用状況報告書の提出

認知症の方の中核症状、BPSD(行動・心理症状)の細かな変化は、特に主治医の先生には伝わりにくいことがあります。そのため、ご利用時の状況を主治医や他のサービス事業所などに報告させていただき、今後の診療や支援にお役立ていただいております。


望む生活を継続できるよう関係各所との連携を大切にしています


● 症状の改善と生涯自立歩行にこだわった活動の提供

認知症の症状により、考えたり判断する精神機能が衰え、活動意欲が低下し、認知症状の増悪をまねく可能性があります。また運動不足は筋肉が萎縮し、歩く能力、心臓や肺機能の低下に繋がります。

BPSD(行動・心理症状)を改善しながらご自分らしく生活できるよう、最大限の工夫を凝らした専門性のある活動を提供しています。

音楽の力を最大限使用したミュージックケアを導入しています

歩くことが何よりもの運動!楽しく歩行訓練でみなさん元気☆

100歳目指して!クノンボール運動を取り入れています

● 食べる楽しみ、食べられる喜びを感じられる食事の提供

五感を刺激する旬の食材を使った、手作りの食事を提供します。

楽しい食事で気持ちを安定させ、穏やかな生活を可能にできるよう食事の時間を大切にしています。